着物マナーの豆知識

身のこなしの美しさは、着物姿をより美しく見せるポイントともいえます。着物を着たときの立ち振る舞いで、グッと女らしさをアップしてあなたもきもの美人に!

着付けの前に

アクセサリー

カジュアルな雰囲気(紬や浴衣)の着物には、きちんとした宝石より、洋服にもよく合うファッション指輪の方が調和していいと思います。
デザインが複雑なものは、着物に引っ掛けたりする恐れがありますので、しぐさには十分注意をしましょう。

歩き方

裾が狭くて歩きにくいとき

着付が終わったら すそさばきをやっておくと歩きやすくなります。
すそさばきとは、相撲の四股を踏むように足を肩幅くらいに広げ、ひざを深く曲げるようにする事です)

手の上げ方

普段のようにうっかり手を上げると袖口から腕が見えてしまいます。せっかくの着物姿です、袖口を押さえて肘を曲げて女性らしくおしとやかに振舞ってみましょう。

正座の仕方

正座をすると上前がはだけやすいので、上前を腰の辺りで引き上げて合わせを深くしてから座るといいです。座った後は両ひざをやや浮かせ、上前の乱れを直します。
立つときは裾や上前を踏まないように気をつけましょう。

足をくずす

長時間の正座はなかなか出来ませんね…。お茶席以外ならば、横すわりでもかまいません。そのときは「足をくずさせてください」と先方にことわる気遣いは好印象をあたえます!
足を横に出しての猫背は止めて背筋は真っ直ぐに!そうすれば横すわりにも品がでますよ。

玄関を上がる時の草履の脱ぎ方

玄関を上がる時は、あらかじめ草履の鼻緒から足を抜いておきます。
両足を揃えて、前向きに脱ぎ、上がったら向き直ります。
ひざをついて座り、つま先を外に向けてそろえます。
草履を置く位置は、中央を避けやや端に寄せるようにします。

椅子の腰掛け方

振袖など長い袖をそのままで腰掛けると床について汚れてしまいます。
座るときには両袖を持ち、座った後は膝の上に袖を重ねておきましょう。
あまり深く腰掛けると、椅子の背もたれに帯があたって、せっかくの帯の形が壊れてしまいます。帯が椅子の背にあたらないように注意しながら、少し浅めに腰掛けるようにしましょう。
食事の時などは、バッグを背の後ろに置いてもかまいません。

ナプキンの使いかた

洋装のときは正方形のナプキンを二つ折りにして折り目を手前にひざの上に広げます。でも着物のときはすべりやすいので、ナプキンを広げたまま斜めにし、はしを帯締めにはさんでおくといいです。ナプキンがセットされていない時でも大丈夫なように、大判のハンカチを用意しておくといいですね。

階段の昇降の仕方

階段の上り下りは、袂を引きずったり裾を踏んだりしないうにします。
両方の袖を重ねて左手で持ち、右手で裾の上前を軽く引き上げて階段を上り下りします。
持ち上げすぎてふくらはぎが丸見えにならないように注意しましょう。
体をやや右向きに、重心はつま先にかけるようにゆっくりと昇り降りしましょう。

車の乗降の仕方

電車のつり革

二の腕が露出してしまわないように気をつけましょう。つり革を持っていないほうの手で、袖口を押さえ、腕が見えないようにします。
基本的には、なるべく腕を上げないようにしましょう。頭より上に何度も手を持っていくうちに、脇が緩んできてだらしなく見える原因になってしまいます。

トイレの行き方

着物を着たときに一番困るのは、やっぱりトイレ。着物を着ている間じゅうガマンしているわけにもいかないし、うっかりしていると大事な着物を汚してしまいそう。いうときに困らないように、前もって頭に入れておくといいですね。

トイレから出るときは、裾や帯が元通りに戻せているか、しっかりチェックしましょう。
下着は、股上の浅いビキニタイプのものがよいでしょう。股上が深い下着は、上から帯で押さえられてしまい、下ろすのが大変になってしまうことがあります。

手を洗う

袖がぬれてしまわないように注意しましょう。トイレのときと同じように、そでを帯や帯締めにはさむようにするとよいでしょう。

タバコを吸う

洋服でもタバコの臭いが付くように着物も同じです。絹はニコチンを吸収して着物を汚す原因にもなりますので、きものを着ている間の喫煙は控えましょう!
それに着慣れない着物です、うっかりタバコの火を落としてしまい、大切な着物にコゲ穴を作ったりしたら、それこそ大変です。タバコは着物の大敵。少しの間タバコはガマン、ガマンです!!

雨の日…

雨の日には、大き目の傘をさして、泥がはねないようにできるだけ静かに歩きましょう。
汚れが付いた時に直ぐ対処出来るよう、ハンドタオルなどを持っておくとよいです。

心がけて欲しい事

A:82871 T:8 Y:21